人気ブログランキング |

福岡県飯塚市の茜ゴルフクラブの日常を発信


by akanegc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

茜GCで初の国産モデル

どのコースに訊ねてみてもコースメンテナンスで
グリーンに一番労力を注いでいるようです。
お客様からの話でもあそこのグリーンはどうだった
と言う話が一番多いです。
次に多いのがラフが元気よすぎたとか、
バンカーの砂の量の多い少ないとかでしょうか・・・
やはり、スコアに直結するところで
コースコンディションは印象に残るようです

茜GCでもグリーンのコンディションには気を使っています。
グリーンキーパーが年中欠かすことなく早朝より
全ホールのコンディションを確認しています。

またグリーンを刈る機械は3種類の乗用モアと
外周用に手刈りモアを主に使用しています。
一般的にベントグリーンのコースでは
重量の少ない手刈りモアを使用しますが
当クラブでは年間を通して乗用モアを使用できる
グリーンの管理をしています。

前置きが長くなりましたが、
先月メインで使用していた乗用モアが故障しました。
平成5年に購入したジャコブセンのグリーンキング4ですが
エンジンが現在採用されているものと違いパーツが入らないため
新型の機械を今回導入することとなりました。
b0173852_1511526.jpg

当クラブ初の国産品の乗用モアです。
長年、ゴルフ場の管理機械といえば
米国のメーカーが主流でした。
しかし、近年国産メーカーの技術が向上し
価格だけでなく機能も変わりなくなってきました。
また、パーツが簡単に手に入りやすいなど、
維持管理の面でも国産品にアドバンテージがあるため
シバウラのグリーンモアMG70を導入しました。

前回に続き機械の導入の話で
景気のいいような話になりますが
ニューマシンで引き続き皆さんに喜んでいただける
コースをめざしてまいります。
by akanegc | 2015-09-12 15:03 | コースメンテナンス